心にも栄養を

勉強で煮詰まった時は気分転換をするに限る。

という事で、娘に誘われて国立新美術館の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」へ。(私は学割、娘は大人料金。なんだか気分が良い。)

もの凄い人の列で、入場までに30分余り並びました。会場内も混雑がひどく、殆ど人の背中と頭ばかり見ていたような気がする。。。

それでも印象派の巨匠たちの名画をたくさん見ることが出来て良かった。こういう機会がたくさんあるから東京って本当にいいよなー。

ルノワールの「可愛いイレーヌ」はやっぱり一番人気で、黒山の人だかり。なんたって、このコレクションのチラシのコピーが「絵画史上、最強の美少女。」ですからね。

会場出口のモネの「睡蓮の池、緑の反映」だけは、写真撮影が許可されていました。

 

2階では入場無料の「こいのぼりなう!」展が開催されていました。色とりどりのテキスタイルで制作されたこいのぼりが会場いっぱいにディスプレイされていてワクワクします。印象派展以上に満足したかも。

美術館の後は、お世話になっている税理士先生ファミリーが歓迎会をしてくださいました。美味しい食事とお酒と楽しい会話で、時間があっという間に過ぎます。

心も体も栄養たっぷりに充電完了!レポート頑張るぞー。