「なんくるないさ」考

あけましておめでとうございます。

今日の沖縄は眩しい日差しが降り注ぎ、昼間は半袖で過ごせるほどの暖かさ。

近所のお寺で引いたおみくじは中吉。学問は「怠らずに励め」でした。神様はちゃんと見ておられますね。

さて、今日は当ブログの名前について。

「なんくる」は沖縄の言葉「なんくるないさ」から拝借しています。

今や全国でもよく知られている言葉で、「なんとかなるさ~」という楽観的な意味(ちょっといい加減な感じ)で使われることが多くなりましたが、実は本来の意味は違うことをご存知ですか?

もともとは、「まくとぅそーけー、なんくるないさ」という定型句で、その意味は、人として「まくとぅ(真・誠)=正しい事、行い」をしていれば、「なんくるないさ=自然とあるべき様になるものだ」ということ。

「人事を尽くして天命を待つ」にも通じ、個人的には「自分のベストを尽くしたその先は、畏怖の念をもって結果を受け入れること」と解釈しています。ある意味、祈りのようでもありますが、自分が汗をかかずしては使えない祈りです。

私にとっても皆様にとっても、「なんくるないさ」で素晴らしい2018年となりますように。