早稲田松竹で映画を観る

高田馬場の住まいの近くに、ずっと気になっていた映画館があります。

「早稲田松竹」は、今では数少ない名画座映画館。ロードショーの終了した映画や過去の名作を厳選し、二本立てで上映しています。

1枚のチケットで、映画を2本観れるのです。それも入れ替え無し。さらにチケットと外出証はその日1日有効という優れモノ。午前中に1本観てから外出し、夕方に戻ってもう1本を観るという事も可能なわけです。おまけに安い!一般料金1,300円、私は学割が使えるので(自慢)なんと1,100円!これ映画を2本を観られるとは何とお得なのでしょうか。

2本の映画の選定にも、映画館なりのテーマを設けているのが興味深いところです。今週は「現代アメリカと巨匠たち」としてスピルバーグ監督の「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」とイーストウッド監督の「15時17分、パリ行き」の豪華2作品。どちらも実話をもとにした見応えのあるものです。

早稲田松竹は小さな映画館で、普段通りかかる時には、あまり流行っているようには見えなかったのですが、とんだ誤解でした。到着したらチケット売り場は既に長蛇の列。立見がでるほどの盛況ぶりでした。入れ替え制ではないため、ドアの外では席が空くのを待つ人も大勢並んでいました。上映する映画にもよるのかも知れませんが、観客の年齢層も高く、長年のリピーター顧客が非常に多い印象。

館内は清潔でシートの座り心地も最高です。館内販売の飲食物は飲み物の自販機しかないため、「食べ物はご自由にお持ち込みください」とのこと。昔の映画館を思い出し懐かしくなりました。

映画館で映画を観るのは本当に久しぶりで、すごく贅沢な気分になりました。これからも時間が許す限り、ちょいちょい足を運ぼうと思います。

早稲田松竹 http://www.wasedashochiku.co.jp/aboutws/aboutws.html