出願準備を始める

WBSは書類審査と筆記試験(小論文)が一次選考。それを通過して二次選考の面接に合格したら入学が認められます。

私は安易に考えていて、エントリーは大学受験の時のように応募書類と受験料納付くらいだろうと思っていたので、まず、この志願の入り口で躓くことに。

エントリーはWBSのホームページから行いますが、3つの「エッセイ」を書いて提出しなければなりません。エッセイのテーマは「1.これまでに成し遂げたことや実務経験(1,000字以内)」、「2.キャリアゴール(500字以内)」、そして「3.研究計画書(1,000字以内)」です。

「え?研究計画書って今書くの?私が決めなきゃいけないの?入学してからじゃダメなの?」と呆然。同僚の常務に訊いたら、

「当たり前さー。大学院なんだから。研究したいテーマがあるから進学するんでしょー。」とにべもない返事。

さあ、大変なことになりました。まず、「研究」という言葉そのものが、何だか自分とは関係の無い世界のことように思えます。

「日頃、仕事を通して困っていることや、解決したいなあと思っていることをテーマにすればいいわけさー。」という常務の言葉に少し安堵。困っていることは山ほどありますからね。解決したいことをリストアップして、優先順位をつければよいのね、という事で、いったん保留。

筆記試験の小論文は、WBSホームページに載っている過去問を見て絶句。なんて難しいんだ!独学で対策なんて立てられるのだろうか?ヤバい、ヤバい、ヤバい、と頭の中がグルグル回り始めました。

慌てて過去の受験生や卒業生のブログをググりまくり、研究計画書の書き方や小論文対策におススメの書籍をAmazonで購入。以下の3冊にはすごく助けられました。ブログ主さま達に感謝。

というわけで、そもそも受験に挑戦する前段階で、勉強しておかなければならない事が山ほどあることを理解し、パニックに陥る私でした。

国内MBA研究計画書の書き方―大学院別対策と合格実例集

国内MBA受験 小論文対策講義 (ウインドミル国内MBA受験シリーズ)

大学院・大学編入学 社会人入試の小論文 改訂版 思考のメソッドとまとめ方

 

続きはまた来年。

今日は大晦日です。皆さま、佳いお年をお迎えください。