番外編3 辿り着けてよかった

WBSの一次試験は10月最後の日曜日。試験は午前9時集合なので、私は前日の土曜日には東京入りをしておかなければなりません。

しかしその直前、私は「物理的に受験できるのか?」という深刻な事態に陥っていました。原因は台風22号の発生。前週は21号が沖縄に接近し、週末には多くのフライトが欠航となりました。二週連続の週末台風です。

おまけに私は試験の2日前まで、業界団体の海外視察研修のため香港にいました。沖縄から香港に発つ日までは、22号は本島直撃をまぬがれる進路予想。「前週の久高島上陸も守られたから、たぶん大丈夫さー」と根拠のない自信を持ちつつも念のため、帰沖したその足で東京へ飛ぶこともできるように、受験票と筆記用具、冬支度をまとめて迎えの車に乗せる段取りだけはしていました。

唯一迷ったのは、受験票の「原本」を持って香港に飛ぶか、「コピー」を持って飛ぶか。海外で受験票を失くすリスクを考えたものの、今思うと直感が働いたのでしょう。受験票の原本を持っていくことにしたのでした。

視察中は充実したスケジュールを楽しんでいたものの、気になるのはやっぱり台風。22号は進路を変え沖縄本島へ真っすぐに進み始めています。これは危ない、沖縄までは予定通りに戻れても、翌日に私が上京するフライトの欠航は、ほぼ確実と思われます。

慌てて前日のフライトに変更しようと試みるも、既に全ての航空会社の全便が満席。私と同じように予定を早める観光客、ビジネス客が殺到しているのでしょう。

さあ困った、どうしよう?!「もしかして、受験できない??」と一瞬パニックに。

でも、そこはさすが旅のプロが大勢参加している業界団体の視察旅行。「nankuruさん、ここはもう迷わずに明日、香港から羽田か成田にお入りなさい」。旅行社の添乗員さんがいたことも幸いでした。ぎっしり詰まった視察スケジュールの合間を縫って羽田へのチケットを手配してくれたのでした。

天から試されていると感じていました。何が何でも早稲田キャンパスに辿り着き、回答用紙に受験番号と名前だけでも書いてやる!

沖縄へ帰る視察団と別れ、羽田行きの搭乗手続を済ませたら、次に解決しなければいけないのは「服装問題」でした。10月とはいえまだ真夏の沖縄と香港。当然私も真夏の軽装です。東京は異例の寒さと報道されているし、天気予報では雨マークまで出ています。羽田の到着ロビーで適当な服屋はあるのかしら?到着する時間帯に営業しているかしら?など心配事は次から次と湧いてきます。羽田からホテルまで、バカみたいに夏服で凍えながら歩きたくない!

すると香港国際空港の出発ロビーにMUJIを発見。駆け込んで爆買いです。下着からシャツ、コート、マフラー、折り畳み傘、そして受験用のボールペンと修正テープ。結局、香港滞在中に土産物の類はひとつも買えず受験対策用品ばかり。

羽田空港のトイレで冬物に着替えて、ホテルにたどり着いた時には、寒さと神経の疲れでヘロヘロでした。

そして受験当日。

雨が降り寒さの増した東京。スーツケースをゴロゴロ引きずりながら、再び大隈重信像が見えた時にはあまりにホッとして思わず拝んでしまいました。おかげさまで無事に辿り着けました。

回答用紙に名前だけでも書けたら満足、と思ってはいたものの、出題を見たら「レストランオーナーシェフの吉田さんが寝坊をした。さあ、ランチ営業をどうする?」問題。

「おいおい、こちとら必死で辿り着いたんだぞ。寝坊なんかしてんじゃねーよ、吉田さんよー」と心の中で毒づきながら、苦手な計算問題に没頭していったのでした。