教科書手配で慌てる

昨日、1年制総合のゼミ紹介があり、やっとクラスメイトに出会う事ができました。スケジュールがぎっしりだった事もあって、まだ全員と自己紹介ができていませんが皆さんとても素敵な方々。

「あまりにもクールで近寄り難かったらどうしよう?」と実は不安だったのですが、バックボーンがハンパなく凄いのにフレンドリー&温かみを感じさせる方ばかりで安心しました。中には当ブログをご存知の方もいらっしゃって、ヒエ~~ッ!!(汗)です。

さて、履修パズルでここ数日間は頭の中がウニ状態なのですが、事務局の方がとても親切なので助かりました。おばちゃんは自分で調べるより、その道のプロに訊く方が問題解決の道が格段に速いと知っているのです。(取説読めよ、と言われるクチですね)

今日も事務局へ出かけていろいろ教えて頂き、履修の目処と年間のスケジュール感がつかめてホッとしたのもつかの間、クラスメイトのIちゃんから「教科書は買いましたか?」とLINEメッセージ。

え?何それ?聞いてないしーーーっ!と凍り付く私。

実は学内のサイトMy WASEDAの中で、授業や学生生活で必要な事がすべて完結できるシステムになっています。その中の「シラバス」(講義や授業の大まかな学習計画の事です)の中にちゃんと「教科書」の欄があって各教授が指定している訳です。はい、ちゃんと見てなかった私が悪いのです。

大慌てでAmazonで検索するも、「一時的に品切れ」状態になっている本もあるしぃ。これ、絶対うちのクラスメイトの需要のせいでしょー。

とりあえず中古品も含めて急いで購入。授業に間に合うかどうか微妙な本もあるけれど、まあ~、東京で注文する本の「お届け予定日」の早いこと、早いこと。関東万歳!東京万歳!陸続きの恩恵をしみじみ感じます。

そしてSNS万歳!呑気に構えていた私に知らせてくれたIちゃん、そしてクラスメイトのLINEグループに感謝です。

明後日から本格的に授業開始。講義のレベルに着いていけるのか不安でしょうがないですが、やるしかないですものね。それよりも教科書配達が間に合うよう、Amazonさんに手を合わせたいところ。

 

おまけ1:学内のIT関連をサポートしてくれる部署があります。学内Wi-Fiが繋がらなかったので相談に行きました。在籍証明の提示を求められたので、学生証を出したら、「えっ?学生さんなんですか?」と驚かれました。気持ちは解ります。どう見ても父兄か先生(?!)だものねえ。。。

おまけ2:応援団が新入部員勧誘でパフォーマンスをしていました。とてもカッコよかったです。感激。そして、「かっ飛ばせー、早稲田!」のエールの時に本当に「『慶応』倒せー、オーッ!!」とやってました。試合の時以外でも言うんだ!早慶戦の重みを感じた次第。